カテゴリー
ダイエット法

筋力トレーニング後に有酸素運動を!

痩せるために運動しなければ・・・と思っても継続してジョギングやウォーキングしたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気分になるのではないでしょうか。

ということで、オススメしたいのがインドアでの有酸素運動です。

ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、少しハードに体を動かし体操をすることで、確実にカロリーも消費されます。

ダイエットをしているときには、ついケーキなどの甘いものを食べたくなることが多いですが、ここはぐっとその気持ちを我慢することが重要です。

もし、どうしても食べたくなったらカロリーの低いダイエット向けのケーキなどを作りましょう。

ダイエットに効果的なスポーツといえば、有酸素運動です。

ダイエットを貫徹させるためには、摂取カロリーより消費カロリーが上回ることが重要なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がオススメです。

また、体を引き締めてメリハリのある体の線を作るためには、筋トレもオススメします。

そして、健康的に体重を減らすには筋肉を付けて基礎代謝を上げることが大切です。

有酸素運動の前に筋力トレーニングを実施し、その後、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を実施するのが効き目が表れやすいようです。

いきなり痩せることは身体によくないので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを何度も行い、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。

すぐにダイエットに成功したからといってやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。

ダイエット期間のつまみ食いは絶対にNGです。

間食でつまんだものが、例えスナック菓子などではないとしても、口にすれば太るという事実を覚えていてください。

過度の我慢も良くないけれど、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食べたい欲求を抑えられるように身体を変えていきたいものです。

酵素飲料を飲用すると、代謝能力が改善する効果が期待できます。

代謝能力が改善すると痩せやすい体質が得られるので、ダイエットにも効くでしょう。

また、お肌の状態が改善されたり、便通が良くなるという評判もあります。

飲みやすい味の酵素飲料もあるので、試しに飲んでみるのもいいかもしれません。

カテゴリー
ダイエット法

筋力トレーニングと有酸素運動、それに食事コントロール

ダイエットでよく行われている有酸素運動ですが、一番効果のあると考えられている心拍数を自分が理解することで効率よくエネルギーを消費することにつながり、脂肪燃焼を高めることが出来るようになります。

長時間継続して体を動かすほど痩せるということではなくて、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が行き渡らなくなり、逆効果です。

体重を減らそうと思っても継続して走ったりウォーキングしたりするのは面倒だー・・・という気持ちがわきませんか。

そこで提案したいのが室内での呼吸を意識しながらの軽い運動です。

例えば、ラジオ体操も効果的な有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、意外と、カロリーも消費もできちゃいます。

このようにダイエットに効果的なのは有酸素運動ですが、もっと効果的なのが、筋肉トレーニングなどの無酸素運動です。
無酸素運動を行い、筋肉量を増やすことで基礎代謝量も高まり、1日の総消費カロリーがアップして痩せやすい体に変わります。

ですので、まずは、筋力トレーニングで筋肉量を増やし、それと併行して、体脂肪を燃焼する有酸素運動を行うことが最も効果的なダイエット法になります。

しかし、いくら効果的なダイエットといっても、消費以上にカロリーを摂取していては、何の意味もありません。

そこで、最近、人気の食事コントロールが、酵素ドリンクです。

一日3回のごはんのうち、一つを酵素ドリンクに置き換えるというのが酵素ダイエットのしかたです。

例として、夜のみ酵素ドリンクに置き換えることにしたり、朝食か昼食のどちらかを置き換えてもいいです。

ただし、急に3度の食事全部を酵素ドリンクに置き換えるのは危険があります。

酵素ドリンクというものは酵素をたっぷりと配合された飲料のことで、フルーツや野菜の栄養成分も豊富に含まれています。

飲み方も自由で水とだけでなく、炭酸水やオレンジ、トマト、グレープフルーツのジュースといったものとの相性も抜群です。

酵素ドリンクで、しっかりと摂取カロリーをコントロールしたうえで、筋力トレーニングと有酸素運動を行いましょう。