カテゴリー
ダイエット法

継続することがダイエット成功につながる!

女性なら誰でも一度はダイエツトを考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、実践してもなかなか効果が得られずに「私の家系は太る体質だから・・・」「我慢できない性格だから・・・」「運動は嫌いだし、好きな食べ物は止められない・・・」などと、言い訳してダイエットを諦めてしまう女性は多いようです。

果たして、太りやすい家系? 太る遺伝子なんてあるのでしょうか。

また、激しい運動や辛い食事制限を我慢できない・・・ということをよく耳にしますが、みんな我慢するのは好きではありません。

そもそも人間は、無理なことを我慢したり、不快に思うことは継続することができません。

それでも無理して続けようとすれば、ストレスが溜まり、精神的な病から体調を崩すことになってしまいます。

ですから、我慢できないことがダイエット失敗の原因ではなく、我慢しなければならないような手法のダイエット自体が原因なのです。

ダイエットを成功させるために、一番大切なことは、“継続”です。

その人が、普段の生活習慣の中で無理なく行えるような手法のダイエット法を見つけ出し、それを長く継続することでダイエット成功につながります。

もちろん、短期間で痩せようという考えは捨てて、ほんの僅かな効果でも、それをコツコツ地道に続けて長期計画で成果を得るという考えに変えなければなりません。

そして、ダイエット法の基本は、1日あたりの総消費エネルギーが総摂取エネルギーを上回るという赤字収支の生活習慣を作ることです。

ですが、食事制限で摂取エネルギーを減らすのではなく、運動などで消費エネルギーを増やすことが必要です。

ただし、あきらかに食べ過ぎが原因で太ってしまった人は、まずは適正量の食事に戻す努力をしなければなりません。

どうしても病気などが原因で運動できない人以外は、いかに消費エネルギーを増やすかということを考えましょう。

そして、もっと詳しく運動について言えば、筋力トレーニングで筋肉量を増やして基礎代謝量を高めて、痩せやすい体に変えれば効率よく痩せることができます。

確かに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は体脂肪を燃焼する効果がありますが、その量はほんの微々たるものなので、基礎代謝量を高めて1日あたりの総消費エネルギーを増やすほうが効率がいいというわけです。

そして、もし、有酸素運動を加えて行う余裕があるのなら、筋力トレーニングの後に行えば、さらに、効率がよくなります。

カテゴリー
ダイエット法

筋力トレーニング後に有酸素運動を!

痩せるために運動しなければ・・・と思っても継続してジョギングやウォーキングしたりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気分になるのではないでしょうか。

ということで、オススメしたいのがインドアでの有酸素運動です。

ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、少しハードに体を動かし体操をすることで、確実にカロリーも消費されます。

ダイエットをしているときには、ついケーキなどの甘いものを食べたくなることが多いですが、ここはぐっとその気持ちを我慢することが重要です。

もし、どうしても食べたくなったらカロリーの低いダイエット向けのケーキなどを作りましょう。

ダイエットに効果的なスポーツといえば、有酸素運動です。

ダイエットを貫徹させるためには、摂取カロリーより消費カロリーが上回ることが重要なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がオススメです。

また、体を引き締めてメリハリのある体の線を作るためには、筋トレもオススメします。

そして、健康的に体重を減らすには筋肉を付けて基礎代謝を上げることが大切です。

有酸素運動の前に筋力トレーニングを実施し、その後、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を実施するのが効き目が表れやすいようです。

いきなり痩せることは身体によくないので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを何度も行い、少しずつ体重を減らしていくのがいいでしょう。

すぐにダイエットに成功したからといってやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。

ダイエット期間のつまみ食いは絶対にNGです。

間食でつまんだものが、例えスナック菓子などではないとしても、口にすれば太るという事実を覚えていてください。

過度の我慢も良くないけれど、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食べたい欲求を抑えられるように身体を変えていきたいものです。

酵素飲料を飲用すると、代謝能力が改善する効果が期待できます。

代謝能力が改善すると痩せやすい体質が得られるので、ダイエットにも効くでしょう。

また、お肌の状態が改善されたり、便通が良くなるという評判もあります。

飲みやすい味の酵素飲料もあるので、試しに飲んでみるのもいいかもしれません。