カテゴリー
基礎代謝

基礎代謝量を高める・・・

ダイエット中の人は運動によって減量を試みるのは普通だと考えられますが、時間や目標を決めて取り組んでいるのでしょうか?

出来ることなら日々、朝だったら朝、夜なら夜にと決まった時間に運動した方がダイエットをスムーズに行うことが出来ます。

本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝アップを達成できると巷ではウワサされています。

おろした生姜入りのお湯を飲んだり、ストレッチをして体をほぐしたり、ゆっくり半身浴をしたり、代謝を上げるということはダイエットには、とても効果的です。

さらには、イスに腰掛ける時に、背もたれにもたれかからず可能な限り、背筋を伸ばすようにしたり、歩き方を少しだけでも気をつけたりするだけでも、代謝量を高めることができますし、座り方や歩き方が美しくなればレディとしての魅力も上がります。

人の基礎代謝量は年と共に落ちていきます。

実際に、食生活に変化はないのに年を重ねるとともに太りやすくなっていると、実感されている方も多いのではないでしょうか。

基礎代謝量は20歳を過ぎたあたりから、だんだんと落ちていってしまいます。

これが示すことは、成長期の終わりとともに基礎代謝量が低下するようになったことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。

30代以降になると太りやすくなってしまうその理由はこういうわけなのです。

このように、太りやすくなる原因を改善するには、筋力トレーニングなどの無酸素運動を行い、筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことが最も有効になります。

基礎代謝量は筋肉量と正比例の関係にあります。

そして、基礎代謝量が高まった状態で、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を加えれば、さらに、ダイエット効果が高まります。

カテゴリー
ダイエット法

確実に痩せる食べ物はないので・・・

これを食べておけば、確実に痩せていくなんていう、魔法の食べ物は絶対にありません。

しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含まれている食材などは、摂取カロリーを抑えられて痩身効果が期待できますので、野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れることで、ダイエットに効果的になります。

さらに、酵素が豊富に含まれた食材や、リコピンが含まれるトマトなどを積極的に食べることで代謝アップ効果が期待できます。

代謝が促されると太りにくい体質になれるので、痩せたい人には有効ですし、お肌が若返ったり、便秘になりにくくなるといった健康面や美容にも良い効果があらわれます。

今は、おいしく飲める酵素ドリンクが数多く市販されていますし、トマト成分のリコピンを配合したサプリメントもありますので、飲み始めてみるのもいいかもしれません。

その昔、私がダイエットを決心した時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増加してからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早くウォーキングを30分以上しました。

これを毎日行うことで、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、続けるのはとても難しかったです。

結局は続けることができずに、途中で止めてしまったので、体重も直ぐに元に戻ってしまいました。

確かに運動は、最も効果的なダイエット法ですが、無理をすると続かないので、長期にできる無理のないペースを守ることが必要です。

現在、女性たちの間で酵素を使ったダイエットが流行っていますが、どんなやり方で続ければいいのでしょうか?

基本的に、酵素ダイエットには酵素ドリンクを摂取するのが通常の方法です。

酵素ドリンクには酵素がたっぷりと含まれている飲み物のことで、野菜や果実の栄養素も配合されています。

酵素ドリンクというのはいつ飲むのが効果があるのでしょう?

酵素ドリンクを飲むタイミングなら、空腹時が一番効果的なのです。

空腹時に飲むと、吸収率が上がるため、酵素を効率よく摂取することができます。

一日に一度の酵素ドリンクを飲むなら、朝起きたときにすぐに飲んでください。

朝の食事と酵素ドリンクとを置き換えてみるのもダイエットには最適ですね。

しかし、酵素ドリンクを毎日飲んでもダイエット効果を実感できない人もいます。

どんなに酵素がダイエットに効果的だと言っても、口にしただけですぐにダイエット効果が出るというものではありません。

毎日、摂取オーバーにならないように食事コントロールすることが必要ですし、長期計画で行わなければなりません。

ただし、極端に食事量を制限するのは、体に負担をかけて体調を崩すことになるので、絶対に行わないで下さい。

そもそも、安易に食事量を減らしても、そう簡単に痩せられるわけではありません。

例え、体重は落ちたとしても、体は太りやすい体質に変わっているので、必ずリバウンドが襲ってきます。

摂取量を減らすよりも、運動して消費エネルギーを高めて痩せることを考えましょう。